大阪LOVE ~近畿旅紀行~

大阪を中心に近畿地方のグルメや観光地、神社・仏閣などについての記事を書いています。難しい事は特に書いてはいませんが、どうぞごゆっくりおくつろぎくださいませ~

「奥河内くろまろの郷」手作り市やコンサートなどイベント豊富な道の駅!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

河内長野の道の駅「奥河内くろまろの郷」は、地元野菜・果物を販売しているだけではなく、地産地消のビュッフェレストランやパン屋、そして駐車場から歩いて5分で「花の文化園」に向かう事も出来ます。

 

老若男女、様々な年代の方が訪れますが、手づくり市や特産品マーケット、お祭りやコンサートなど、1年を通して様々なイベントを行っている、大人気の道の駅となっています!

f:id:GOSE:20190213204225j:plain

 

奥河内くろまろの郷についての感想

河内長野市を中心とした大阪南東部の豊かな自然と、多くの緑に囲まれた「奥河内」

 

道の駅がある高向地区は、608年に日本初の国費留学生に選ばれ、隋(中国)に渡り、帰国後に国博士(くにはかせ)に任命された「高向玄理(たかむこのくろまろ)」の出身地です。

 

投票の結果、2017年5月27日に「奥河内くろまろの郷」と名付けられ、道の駅としてオープンしたのが始まりとなります。

 

あすかでくるで河内長野店

JA大阪ミナミ農産物直売所「あすかでくるで河内長野店」は、大阪羽曳野店に続くJA大阪南の2店目となります。

f:id:GOSE:20190215213704j:plain

広すぎず狭すぎず、程よく様々な農作物が販売されていますが、直売所らしく、まず驚くのがその安さ。

f:id:GOSE:20190215214420j:plain料理を作る時などは、新鮮さと安さで道の駅を利用する事が多いのですが、ちょっと形は悪くても1本50円程で大根が販売されていたりと、スーパーで買うよりかは全体的にリーズナブルなお値段で購入出来ます。

 

精肉店や、お惣菜お弁当も販売していて、それをイートインコーナーですぐに食べる事が出来るのもポイントですね。

f:id:GOSE:20190215215413j:plain

ちなみに期間限定という言葉に負けてアイスクリーム「あまおう」を購入し、ベンチがあったので屋外で食べてましたが、何やら人だかりが・・

 

日々行われる各種イベントについて

以前訪れた時には、屋外でジャズコンサートが開かれていましたし、今回は屋外で猿回しが行われておりました。

f:id:GOSE:20190215234946j:plain

ゆうくんって名前のようです、可愛らしいですね。

 

中々普段の生活で猿回しを見る機会は少ないかと思いますが、こういったイベントを定期的に行ってくれているのが、奥河内くろまろの郷の魅力の1つだと思います。

 

「神戸モンキーズ劇場」という神戸フルーツフラワーパーク内にある、関西発の日本猿による屋内型常設劇場、との事で機会があったら一度訪れたいと思います。

f:id:GOSE:20190215235923j:plain

生のサツマイモが主食のようで、無表情?でカリカリと食べていましたが、私がアイスクリームを食べているときも、こんな感じなのかもしれません。

 

ビュッフェレストラン奥河内

地元農家さんが作った新鮮な河内野菜が食べ放題で、普段野菜を食べない方などにおススメのレストランです。

f:id:GOSE:20190215215910j:plain

何年か前に利用しましたが、上記写真にあるように休日は70分制となり、意外とすぐに時間が来てしまいます。

 

野菜中心の料理は味が良くて健康にも良いと思いますが、1500円を高いと見るか安いと見るかは、人それぞれでしょう。

 

また機会がありましたら訪れたいと思います。

 

奥河内ビジターセンター

最後にご紹介するのは、パン工房や物産品店、そして多目的スペースなどで構成されています。

f:id:GOSE:20190215225027j:plain

 

むささびパン工房とカフェ

むささびパン工房&カフェでは、様々な焼きたてパンやケーキが販売されています。

f:id:GOSE:20190215225333j:plain

f:id:GOSE:20190215225558j:plain

メニュー表を見るとモーニングセットもあるようですね、あとピザが500~700円と安い!

f:id:GOSE:20190215225911j:plain

飲食コーナーも雰囲気よくて清潔感もあり、まったりとくつろぐ事が出来そうです。

 

かわちもん物産店 奥河内ながのfoodoについて

河内長野特産のつまようじ、ジャムなどの加工食品を中心にお酒なんかも販売されていて、小さいスペースながら見ていて飽きませんでした。

f:id:GOSE:20190215230253j:plain

こちらで販売されているのは「奥河内ながのfoodo」というブランド品となり、「河内長野市らしさ」「安全安心」「こだわりと情熱」という、3つの軸に審査された食品で構成されています。

f:id:GOSE:20190215230727j:plain

河内長野市と生産者が一体となり、厳しい審査の末に選ばれているそうで、地域密着の道の駅らしい商品が並んでいますね。

 

スーパーなどで販売されている商品とは、また違った趣があると思いますので、是非一度お手にとってみてください!

 

多目的スペース

雑貨販売や講演会などの各種イベントを実施している空間で、来るたびに異なる催し物や商品が並び、飽きないですね。

f:id:GOSE:20190215231740j:plain

2019年2月9日の土曜日に訪れましたが、可愛らしい手作りの雑貨が並び、賑わっていました。

f:id:GOSE:20190215232212j:plain

f:id:GOSE:20190215234808j:plainやはり手作り品って独特の趣がありますね、掘り出し物が見つかるかも!

 

アクセスや営業時間について

所在地:大阪府河内長野市高向1218-1

TEL. 0721-56-9606

FAX. 0721-56-9607

 

農産物直売所「あすかてくるで河内長野店」

TEL. 0721-52-3733

営業時間 9:30〜18:00

定休日/木曜日、年末年始休業

 

奥河内ビジターセンター 

営業時間 9:00〜18:00

年末年始休業

 

地産地消レストラン

営業時間 10:30〜14:00 無くなり次第終了、年末年始休業

 

駐車場は広く、余程の事がないかぎりは停める事が出来ると思います。

 

最後に 花の文化園イルミナージュについて

「奥河内くろまろの郷」の駐車場から歩いて5分、1年中花が咲き誇る「花の文化園」があります。

f:id:GOSE:20190216000637j:plain

12月~3月頃まで、毎年行われていたイルミネーションが無くなってしまったそうで、失望の声が上がっているようですね。

 

2015年に撮った写真ですが、スマホの限界かボケてしまっています・・

f:id:GOSE:20190216001813j:plain

f:id:GOSE:20190216002150j:plain

園内の花々を活かし、LED電球約300万球で演出された幻想的な空間・・・だったのですが、復活して欲しい所です。

 

関連記事について

大阪岸和田市の道の駅「愛彩ランド」 こちらのランチバイキングもお勧めです。

kankou.gosekun.com

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/